2010年09月17日

第11回「夏、20:00」【Twitterで曲紹介】

もう夏も終わろうとしているのであわててこちらの紹介に参りましょうw
第11回 #35「夏、20:00」
-------------------------------------
自曲紹介第11回の今回はこの曲を紹介します 巡音ルカオリジナル「夏、20:00」 (4:57)
1:49 AM Sep 13th webから

この曲の歌詞はそもそもとめPさんのこちらの曲の歌詞募集に応募して落選した歌詞の再利用だったりしますw

1:51 AM Sep 13th webから

曲仮タイトルが「After20:00」ということだったので20:00という時間にどんな意味を持たせようかな〜と思案して歌詞を組み立てていきました
1:54 AM Sep 13th webから

歌詞の流れとしては過去現在そして未来それぞれの夏の20:00という時間において、変わること無い星空と変わっていく”僕”およびその周りとを対比させて、“君”との別れやそこから立ち直っていく様子を描いています
1:59 AM Sep 13th webから

この歌詞には自分なりに考えた仕掛けがありまして、例えば「夜の空を見ている」という歌詞が3回出て来ますが全て情景が違います 一つ目は君と二人で見ていて、二つ目は一人で見ていて、三つ目は仲間と大勢で見ています
2:04 AM Sep 13th webから

サビの最後で三回「微笑んで〜」と出て来ますが、一つ目の主語は「星たち」で二つ目の主語は「仲間たち」、そして三つ目は「僕」ということで全て主語が違います
2:08 AM Sep 13th webから

こんな感じで「歌詞自体は同じ=変わらない星」:「違う意味を持たせてる=変わっていく人」という構図を歌詞全体で表した自分的に練りに練って作った歌詞だったりします
2:10 AM Sep 13th webから

そんなわけで歌詞募集で落選したときは結構悔しかったですw まぁでも思い入れある歌詞だったんで元曲の印象が薄れた頃合いに自分でメロディをつけてtatmosさんにアレンジしていただきました
2:14 AM Sep 13th webから

自分は基本的に「テーマを決める」→「テーマのイメージでメロディを作る」→「メロディに歌詞を組み込む」→「アレンジをお願いする」という流れで曲を完成させているので詞先のオリジナル曲はこの曲を含めて3曲だけしかありませんね
2:17 AM Sep 13th webから

何故20:00過ぎても君が来なくなったかはフラレたとかお星様になってしまったとかいろいろ解釈できると思いますのでご想像にお任せします
2:19 AM Sep 13th webから

ところでフレーズが不安定なのは単に自分が音痴なだけ…いや狙って不安定な感じに表現してますよっ!!w というわけで「夏、20:00」よろしかったら聴いてみてください 
2:22 AM Sep 13th webから
posted by unui at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | twitterで曲紹介っ!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック